徳島県上勝町 棚田のお酒

棚田のお酒がうまいわけ

手作業と丁寧さ

26_o
上勝は急峻な山々に囲まれ、緩やかな曲線の小さな棚田が多くあります。全国の棚田百選に選ばれる『樫原の棚田』など、そののどかな風景は江戸時代とほぼ変わらないと言われています。
しかしながら、昔ながらの景色の棚田は面積が小さいことから、機械が入りにくく、手作業も多いことが特徴です。美しい景色の背景には、地元農家のみえない苦労があるのです。

 

澄んだ空気と湧き水

上勝の棚田は300m~600mほどの標高です。
棚田があるところは標高が高く、在所が少ないこともあり、
空気が澄んでいて、水もきれいです。
お米を作る水は山の湧き水を使っております。
21_o
 

 

天日干し

棚田の面積は小さいですが、畦に接してる面積が多く、
寒暖の差が激しいため、美味しいお米が出来ると言われています。また稲刈りをしたお米は乾燥機ではなく、「はで」にかけて天日干ししています。稲穂のまま、自然の風と太陽の光でじっくりと乾燥させていきます。稲の養分が米におりてきて、美味しいお米になると言われています。
23_o

 

 

地元農家なしに棚田は語れない!

現在、棚田の納会が高齢化し、徐々に田んぼを維持するのが難しくなってきました。なかなかお米が売れない、作り手が減ってきた、など厳しい問題に直面しています。
しかし、先人が耕してきた棚田を守り続けたい、という気持ちを持って地元農家が一生懸命、お米を作っています。
19_o

Translate »